【あと3日!】 一部ドコモの契約解除と転送設定などやってみたよ

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!

一部のドコモの契約を解約した!!

妻と長男はそれぞれドコモの契約を持っていました。
今回1年は日本に戻らない予定だったのでいっそドコモの契約を解約しました。

残念ながら2年更新の間ではなかったため1回線につき約1万円の違約金…この夏でこのいわゆる2年縛りの扱いが変わったタイミングがあったのですがその時に変更していれば違約金の発生がなかった…など多少後悔もありましたが気にしていたら前に進めません!!

一部のドコモの契約で転送設定をした!!

私は1年以内に一時的でも日本に戻る可能性が多少でも残っているため、回線の解約を見送りました。決して17年の契約に後ろ髪を引かれたわけではありません…

私はIP電話として050 PlusとSMARTalkを契約しています。
かねてからやっておこうと思ったことではあったのですが、今回は090のドコモ電話番号からこのIP電話(SMARTalk)への転送設定を行いました。
結果(設定上は)090の番号へ着信して2秒後にSMARTalkへ転送されるようになりました。

まとめ

いわゆる格安や大手キャリアへの契約で、12ヶ月や24ヶ月などの縛りがある契約は早めに避けるようにした方がよいです。
理由は「違約金のことが気になって解約作業に躊躇してしまう」からです。安くとも1万円程度の違約金になる場合が多く、その支払いには躊躇してしまうのは人間のサガです。

しかし海外への引っ越しはそんなことに心を持っていかれていると作業が進まなくなります。ですのでいつでもスパッと切れる状態にしておくともっと大事な作業へ注力できるんじゃないかと思います。

大手キャリア縛りで電話番号を残したい場合、ドコモであれば今回書いたような転送電話が基本料金無料で設定できるそれを活用してみるといいかもしれません。
今はカケホーダイ、カケホーダイライトの契約になっている方が多いと思うので今以上の費用をかけずに環境を作ることができるかもしれません。

関連記事

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!