SMARTalk(IPフォン)の契約をしてみたよ

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!

匿名で質問ができる質問箱ができました!気になることがあれば [こちら] から質問をどうぞ!

海外でも日本国内の相手と気軽に連絡を取りたい

古くはSkype、最近はLINEやFacebookをはじめいろんな通話サービスがでてきていて無料だったり低料金で通話ができますね。

しかし「電話番号」を使った通話が必要になる場合がありますう。各種契約先の企業だったりご年配の方だったり。
そういった相手を対象に海外でも日本国内向けの通話がしやすいように今回はSMARTalkの契約をしました。

SMARTalkとは

SMARTalkとは簡単にいうと「050」で始まる電話番号を取得し、インターネット経由で電話ができるサービスです。

SMARTalkで取得できる電話番号は日本国内の番号で、電話の発着信は日本国内外関係なく「インターネットにある程度以上の回線品質で繋がっていれば」できるようになります。
私自身は何年か前にSMARTalkを契約して試しつつも放置したらIDが期限切れで消滅した実績があり、今回は2回目の契約になります。

どうでもいい話ですがSMARTalkを運営している会社は以前Fusionコミュニケーションという名前だった気がするんですがいつのまにか楽天に買収されて楽天コミュニケーションズになってたんですね。楽天でんわが出てきたころかな~?

ちなみに前回同時期に契約して放置していた050 Plusは今年秋くらいからメインのIP電話候補として利用し始めていました。

SMARTalkの契約について

SMARTalkを使う準備はいたって簡単で、クレジットカードを用意してアカウント作成をすると自動で電話番号が採番されます。
細かい説明は省略します(苦笑

SMARTalk契約時の注意点

ここで注意すべきことは電話番号の数字は1文字も選択権がないことです。
つまり自分になじみがある覚えやすい番号、覚えてもらいやすい番号を選ぶことができないことです。
ここは基本料金が無料なこともあり我慢をしましょう。

ちなみに電話番号はある程度加算的に生成されるようで、短時間で複数の電話番号を取得をした場合は下数桁以外は同一のものになりやすいようです。

次に複数の電話番号を取得する場合、1つのクレジットカード番号では2番号目から初期費用がかかるということです。
家族で複数電話番号を取りたい。といった場合、初期費用を抑えるには複数のクレジットカードを用意する必要があります。

日本国内在住の場合でのSMARTalkのメリット

おまけとして日本国内で生活している方へのSMARTalkのメリットについてです。
主にカケホーダイのような通話定額プランを契約している場合は通話自体に関してはメリットが皆無のように感じられます。
しかしSMARTalkは留守番電話などが無料で利用でき、録音されたメッセージをメールで受け取ることができます。
これをメリットと感じる方は1つSMARTalkの契約をしてみてもいいかもしれません。

また、海外移住とは言わずとも海外旅行によく行く方も海外から電話の発着信ができることがメリットになりますね。

あと、そもそもで「通話プラン」からの脱却がメリットになる方はいらっしゃるかもしれません。
これは「インターネット接続ができていれば電話番号による通話ができる」ため、データ通信プランのみの契約で環境が用意できることが背景にあります。
これにより「nnカ月契約しなければ違約金」といったことからの解放につながる可能性が出てきます(主にMNVOなどいわゆる「格安SIM」に契約する場合)

最後に

文字ばかりでわかりづらい記事になっていると思いますが、また機会を作ってフォロー記事を書ければと思います。

関連記事

匿名で質問ができる質問箱ができました!気になることがあれば [こちら] から質問をどうぞ!

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!