太朗のホリデー生活を考える

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!

匿名で質問ができる質問箱ができました!気になることがあれば [こちら] から質問をどうぞ!

ご無沙汰しております。
久々のブログです。主に太朗の今現在について書いていますのでご興味ある方どうぞ。

【太朗のこと】
残り一週間でホリデーに入ります。
太朗は「友だちともっと喋りたい」という気持ちが大いにあり、ホリデー中の2週間に語学学校へ入ることを検討中です。というか本人かなりやる気です。
NZではホリデー中にいろいろなプログラムがあり、そのプログラムの中から遊びやスポーツ中心で選ぶことももちろん出来るのですが、それらも含めて「本人がやる気」あるものがいいな、と思います。(どうもホリデープログラムにはあまり興味ないみたいで)

ターム3に入ってからは放課後に毎日友だちを誘って、公園でサッカーやバスケをすることが増えてきました。太朗はサッカーもバスケも好きなので、その日によって「サッカーの好きな友だち」「バスケの好きな友だち」と声をかける順番なども決めて。
しかし、まだ最低限のやり取りしか出来ていないことで、太朗は「もうちょっと言いたいことがあるんだけれど」と思うことが多々のようです。
子どもって、学校へ毎日毎日通うことで徐々に英語に慣れてきて、1~2年も経てば不自由なくなる子がほとんどのようです。なのでわざわざ語学学校へ通う必要は無い、とも思うのですが、、、しかし太朗は「今」困っていて、「今すぐ」にでも英語がもっと喋れるようになりたいと思っていて。
私に能力があれば教えてあげればよいのですが、全く無い!!むしろ悪影響しか与えられない自信さえ(苦笑
と、言うことで、私は「(なるべく)正しい日本語」の部分を担当しております・・・はい・・・

ホリデーは2週間なので、ほんの2週間語学学校に通ったところで急激に英語力が上がるわけじゃない、とも思います。もちろんお金もかかるし。

でも、今までの太朗の人生、ほとんど習い事させてきたこともないし、本人が前向きなんだし、逆に「2週間」だからこそやらせてみてもいいかな、と思ったりしている今日この頃です。それに対して私が出来ることと言えば、できる限り太朗にとってよい環境を提供すること、くらいです。

だって、太朗、毎日めちゃくちゃ頑張ってるんです~
貼りつけた画像は太朗が自分で作った毎日の勉強の予定表をこなしている様子です。漢字にホームワークに日記に英語、それから算数などのドリルです。自分がやった勉強とそれにかかった時間を書いていっています。
6年生までの漢字はほぼ終わりました。(太朗は記憶力がいいので漢字はいつも何度か書けば覚えちゃうんですよね、羨ましい)
それから、先月から塾にも通いはじめました。太朗、人生初の塾通い、45分×2回/週です。国語と算数。ちょうどよい6年生のクラスが無かったので5年生の勉強ですけどね。太朗は5年の3学期にこちらへ来たのでそれはそれでちょうどいいかな、とも思っています。
塾に行きはじめてから、友だちに公園へ誘われても断らないといけない日が出てきたので、「友だちに誘われた日は塾はお休みして公園へ行ったのでいいよ。お母さんは友だちと遊ぶことの方を優先したのでいいと思ってるから」と話をしました。太朗はしばらく考えた後、「いや、塾で今やっている算数はぼくが苦手だったところだから塾に行くのでいい」と決めました。
(大きくなったね、太朗・・・。お母さんはしばらくしたらまた「塾より友だちと公園でいいよ」と言うだろうけれど、その時その時で決めていこうね。)
 
 
太朗の毎日は目まぐるしく過ぎていっています。

朝ご飯食べたら少し日課をこなしてから登校、放課後は15時~17時まで公園で友だちとバスケやサッカーで遊びまくり、帰宅してご飯食べたら日課の勉強です。

なんだろうか、、、日本で学校に通っていたときももちろん忙しかった。朝起きて学校行って帰宅したら宿題して寝る時間。
勉強の時間数はそれとほとんど変わってないと思います。
ですが、先生から毎日与えられる宿題とは違い、自分で選択した勉強をやっている、ということが違います、ほんと全然違う。

もちろん、日本の学校での勉強がそれでこなせているか、というとそこまでは無理です。作文書いたりしてないし理科や社会はほとんどスルー、算数もそりゃぁ日本の学校で授業を受けるよりは出来てない部分が多いと思います。

でも、それでいいな、、、と。

そんな毎日を送っている太朗の唯一とも言える悩み(というほど悩んではいません)が、「もっと友だちと喋りたい」なのです。しかも「今」。
すんごくよく分かる!!私も同じ!!!もっとお母さんたちと喋りたい!!!!
 
 
私の中の子育ては「自己肯定感」が全てです。

今まで「やりたい」と言われたことを全部やらせてきたわけではありません。むしろ逆のことが多かったかも。(やりたいと言われてもやらせなかった)それは私が判断してきました。

しかし太朗はもうすぐ12歳、旅立ちの日は近いです。そろそろ私が判断する日々に終わりを告げなければなりません。

毎日の生活の変化やそれにかかる費用のこと、そしてそれ以外のホリデープログラムのことなども含めながら、もう少しだけきちんと話し合って、それでも太朗が前向きであれば、語学学校へ通わせてみようと思います。だから話し合い次第ではやっぱりやらないかも。

ま、正直、スポーツも勉強もすべてやる気次第なので、私から見れば語学学校もホリデープログラムの1つって感じですね。だって太朗って、普段からめちゃくちゃ身体を動かしているので運動のために習い事させる必要はほとんどなくて、させるとしたら「グループに入る」という意味合いだなって感じなので。
語学、なので「習うより慣れろ」を優先すべき?みたいな判断難しい面もありますが、太朗の性格などから総合的に判断すると、今回の2週間、やらせてみてもいいな、と思えました。

「経験」
いろんな経験を通して、自分の人生に可能性を感じ続けてもらいたいです。踏み出すことだけは誰にでも出来る。それに気付き、そして気軽に踏み出せるように育って欲しい。踏み出してみてから考えればいいことも多いから。そして気軽に方向転換。(←すごく大事)
 
 
スポーツに関しては、太朗は今、「僕はサッカーとバスケと卓球とランニングのどれがいいか選べないからいろいろやりたい。でもプログラミングもやってみたい。もっと本も読みまくりたい。何よりももっともっといろんなことが出来る時間が欲しい。」らしいです。
いろんなことをやりながら、いつの日か「これだな」という出会いがあればそれに向かえばいいなって思います。
それがスポーツだとしたら、今は体力体力。体力さえあればなんとかなるでしょう。(あ、プロを目指すんだったら違うんでしょうけどね。そんなことは親が考えても仕方ないことなので考えていません。)
 
 
久々すぎて長くなってしまいました。

太朗は今、ターム3のホームワークにも燃えています。太朗を中心とした日本の紹介のような内容です。そのお話はまたいつか(出来たらいいな)

ではでは。。。

関連記事

匿名で質問ができる質問箱ができました!気になることがあれば [こちら] から質問をどうぞ!

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!