ニュージーランドでの収入や生活費ってどんなもんなのか調べてみたよ

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!

匿名で質問ができる質問箱ができました!気になることがあれば [こちら] から質問をどうぞ!

突然ですがFacebookを活用されていますか?私は片っ端からニュージーランド関連のページにいいね!をしてチラ見できるようにしています。また、とりわけ重要そうなページは省略されず必ず最初に出るような設定をしていて、あるときイミグレのFacebookページから政府が運用している生活費計算ページ(Cost of Living Calculator)が流れてきていました。

Cost of Living Calculatorとは?

Cost of Living Calculatorは簡単にいうとTrademe Jobsというところと政府が持つ統計情報を基にして職種や家族構成での収入と支出をわかりやすく表示するページです。
このページは単純に平均的なものからの算出だけでなく、収入、支出の内訳などから自分に見合った数字に調整して結果を導き出すことができます。よってある程度の確かな数字が出てくることが期待できそうです。ちなみにNZ$だけでなくJPY(円)表記でも表示できるようです。

難しいことはさておき、ざっと使う分にはこのページの使い方は簡単で、住む地域(オークランド、ウェリントンなど)と職種、家族構成(単身、夫婦、子持ち何人など)を入れると大まかな収入と支出のバランスが出てきます。

単純な設定例とその結果

例えば私がオークランドでシステムエンジニアとして就職した場合の平均的な数字を求めてみます。家族構成は単身と夫婦に2人子供(我が家)の場合を出してみましょう。

設定例

下記は設定入力部分です。メニューを選ぶだけです。

001. Cost of Living Calculator for New Zealand   New Zealand Now

002. Cost of Living Calculator for New Zealand   New Zealand Now

結婚して共働きを想定する場合、 My partner also works で相方の仕事を同様に設定することもできます。夫は先ほどのシステムエンジニア、妻がウェイトレスで働いているのはこういう設定になるのでしょうか?

003. Cost of Living Calculator for New Zealand   New Zealand Now

算出結果(単身システムエンジニア)

収入と関連する税金、支出などの表示はいくつか値を調整できる部分があります。

収入

こちらは収入と税金などの例です。統計的にシステムエンジニアは約NZ$98,000の年収でNZ$1,350/週位の収入というのが目安になりそうです。

004. Cost of Living Calculator for New Zealand   New Zealand Now

支出

こちらは支出例です。項目が多いので初見ではびっくりするかもしれませんが、じっくり見ると何のことなのかわかると思います。
とりあえず細かいことを抜くと、家賃など含めてNZ$700/週位の生活費になるようです。

005. Cost of Living Calculator for New Zealand   New Zealand Now

総計

こちらが週あたりの総計です。結論としてNZ$600程度の余剰金がでてきます。つまりNZ$31,800/年程度の貯蓄ととらえてもいいのでしょうか?悪くないですね。

006. Cost of Living Calculator for New Zealand   New Zealand Now

算出結果(2人子持ち家族システムエンジニア)

次に2人子持ち家族システムエンジニアの場合です。収入は同業種で同じ仮定、長くなるので総計だけ出します。

総計

どーん!!なんとNZ$700/週位の赤字!!単身の場合の真逆になりました!!

つまりNZ$37,000/年程度の赤字です。うひょー!!ちなみに学費はEducationに入っていてNZ$55.70/週(NZ$2,915/年程度)となっています。つまりドメスティック扱いの子どもが公立の学校に通っている想定となっているのでしょうか。

007. Cost of Living Calculator for New Zealand   New Zealand Now

所感

今回はシステムエンジニアで数字を出してみました。単純に収入をいじるだけでいくらになればトントンになるのか?というのを 調べてみたらNZ$140,000位でした。マジか!! IT系は比較的給料が高いと言われている業種なのですが2人子持ちだと毎月新車が買えそうな勢いの赤字です。これがシェフやレストランのウェイトレスだとどうなるのか…

このページを最初に見たのが何か月か前なのですが、衝撃的でした(苦笑)いや、今更なんでしょうけど…ニュージーランドは共働きの人が多いと聞きますが、そりゃそうなりますよね…もちろんこれはあくまで平均的な値を使っただけの計算なので節約をする、節税をする、人によってはサイドビジネスに手を出すなどでしょう。じゃあ自分はどうするんだ?というのは今回は出さないでおこうと思います。サイドビジネスのお誘い以外の情報があればコメントやメッセージをいただけると嬉しいです(苦笑)

収入(と税金)に関しては就職してみないと実際の金額間が出てこないと思いますが、支出に関しては基本的に「これより多くかかる」と思えばいいのではないでしょうか?例えば保険(海外旅行保険などを含む)や親子ともに通学する場合は学費ががっつり乗っかってきます。

補足

ちなみにこの数字のもとになっているのはTrademe JobsとStats NZという政府のサイトにあるデータのようです。

まとめ

とりあえずニュージーランドに住んでみたいけど生活費ってどんなもんよ?と思う方は多いと思います。実際に既存のブログなどの情報を見て参考にする場合もあるかと思います。が、やっぱりそれではよくわからない。という場合に参考になればこれ幸いです。

関連記事

匿名で質問ができる質問箱ができました!気になることがあれば [こちら] から質問をどうぞ!

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!