ノスケの言い分とclassmateからの・・・

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!

画像は、ノスケのダンスの発表会のとき。しっかり踊っていました。
太朗は「英語も分からんのによくダンス覚えたね」と褒めていました。
ノスケは褒められて喜びを隠しきれず、何度も何度も太朗に
「僕のダンスはどうだった?英語も分からんのによく覚えてた?」と聞いていました。

ダンスについてなんというか、、、
普段、カラフルに陽気に仮装ばかり(?)の雰囲気とは打って変わって、
子どもたちは真っ黒な衣装で、音楽もシックな、ダンスも、、、
とても芸術的なものでした。
日本の小学校の発表会はどちらかというと「明るく元気」が売りなので
このダンスの発表会は私にとってとても新鮮なものでした。

************************
先日学校へノスケを迎えに行ったときのこと。

その日、太朗が先にノスケのクラスの前に移動しました。
私がノスケを探していると、太朗が来て私に言いました。

「ノスケのクラスの子がさっき寄ってきて、
『ノスケは中指を立てたり「stupid!」って言ったりするよ!?』
って言ってきてたよ。」
と。。。

うーん・・・思い当たる節が無いわけじゃありません。
ターム1の頃、ノスケが覚えて使えていた単語は「No!」と「Move!」だけでした。
それがターム4となった今、そこそこ必要分は使えていますし、友だちと少しなら会話も出来るようです。
そして「stupid」という単語、、、確かにこの間、太朗と喧嘩してすごくノスケが怒った時
太朗に対してそう叫んでいた気がします。気がします、というより、叫んでいました。
だから、そのclassmateの言ってることは否定できない。

とりあえず、寝る前にベッドの中で、ノスケに尋ねてみました。
「クラスの中で、中指を立てたり、「stupid」って言ったりしちゃったことある?」
すると、ノスケは思い当たる節があるようで、しばらく黙った後、、、
『中指を立てるのは、ちょっと隠しながら面白い感じでやっちゃったりした。』
『僕は「Stop it!」って言った。のに「stupid」って言ったって言われた。』
と言いました。

「何か嫌なことがあったときにそう言ったの?」
と聞くと、

『先生がみんなに言ってた。嫌なことをされたときは

「Stop it! I don’t like it.」って言えばいいって。』

なるほど。

多分、中指は何かのときに立てちゃったんでしょう。
「stupid」については、もしかしたらノスケの言う通りなのかもしれません。
そうじゃなくてノスケの言い訳かもしれません。

なんとなく後者な気もしますが・・・
もしそうであれば、ノスケ自身はすでにその台詞は言わない方がいいことって知ってるってこと、
なので、もうしつこくは言いませんでした。
ノスケならどういう子と仲良くしたいと思う?という話をしました。
 
 
何にしても、そうやって子どもは覚えていくんですね。
 
 
 
そして、ノスケは今、英語的にはとってもしんどい時を迎えています。
「周りが何を言ってるのか全然分からない」
時期は超えました。今は、
「周りの言ってることがなんとなく分かってきた」
「特定のことだけは言えるようになってきた」
「周りに’英語が分かってきた子’として扱われはじめてきた」
「言いたいことは言えない。誤解されても誤解を解けない」
「全部理解できるわけじゃないので’ダメ’と言われたら理由が分からなくても諦めるしかない」
そんな感じです。

ノスケは、「早く日本の学校で勉強したい」と言っています。
「日本語の授業なら、何をやればいいのか分かるし、
何をやればいいのか分からなくてやってなくて怒られたりはしないから」
だそうです。
今更ながら、先生に「バディをつけて欲しい」ともっと強く要求すればよかったと思います。

あと1年、この英語の環境で過ごせば今の状況も乗り越えることが出来るんだろうなと思います。
そのときにはむしろ、日本語をどうしようって思うくらいに。

帰国する理由はノスケの学校嫌いが原因ではありません。
ノスケの英語力が伸びたんじゃないか、と思いはじめたのも帰国を決めた後、ターム4が始まってからです。

この今の英語の山を乗り越えさせてあげたい。
そうは思うけれど、帰国を決めた今、ただ、最後の日々を楽しませてあげたいです。
 
 
いずれにせよ来月、日本の学校に通うことでまた、新たに見えてくることがあるかなと思います。
 
 
 
 
ランキングに参加してみました。
こちら↓↓↓クリックして応援お願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

関連記事

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!