ニュージーランドと日本の学校「以外」の生活における「絶対的な違い」

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!

太朗とノスケの毎日の過ごし方で、

去年1年間ニュージーランドの学校に通っていたときと、

今、日本の学校に通っている毎日の、絶対的な違いは何か?

それは

放課後の過ごし方

です。

これはもう・・・違い過ぎる。

同じ子どもで、ここまで日々の生活、育ち方が違うのかと改めて愕然とします。
 
 
************************

ニュージーランドでは、毎日きっちり15時に学校が終わり、その後、毎日17時~18時くらいまで公園などで遊びまくっていました。

帰宅したらご飯を食べてちょこっと遊んで、ノスケは寝るし、太朗は英語のオンラインレッスンをしたりしてから寝る。または読書など。

朝も早く起きたらランニングも出来たり、なんだかんだ遊んだりしてから学校。

学校の準備なんて・・・水筒とお弁当を持っていくだけなので、朝その2つをリュックサックに詰め込めば完了。

家を出発するのも太朗が8時ちょっと前でノスケは8時30分頃でした。
 
 
今、日本では。。。

ノスケは15時過ぎに帰宅するのは違いません。

学校へのお迎え無し(ニュージーランドはお迎え必須)で、自分で歩いて帰って来ます。

が、ここから・・・とにかく宿題です。

文字のけいこに算数ドリルやプリントの間違い直し、それから音読に九九。

そして次の日の準備です。

色紙が必要だとか絵具道具だとか鍵盤ハーモニカだとか工作用品だとか・・・

とにかく準備物が多い!!

そういえばニュージーランドではそういうの準備したことあったっけ???

絵具道具や楽器など、学校で使うものはほぼ学校にあってそれを使っていたようです。

工作に備えて空箱を準備したりストローやトイレットペーパーの芯を集めておいたりしてなかった・・・

ノスケの場合、文字のけいこに異様に時間がかかる(←原因:やる気ゼロ)ので、宿題は私がマンツーマンで一緒にとりかかっても、どうしても1時間はかかります。

終わったら疲れ切ってしまって、あとはストレス解消に絵を描いたりテレビを見たり。

そしてご飯を食べいろいろしたら寝ます。

朝起きたらご飯を食べ、追い出されるように登校。7時20分頃家を出ます。

教科書の詰まったランドセルを背負い、体操服やその日必要であれば絵具道具などを持って。

そして、今の時期にかかせないのは「使い捨てのマスク」(予備も3枚ほど)
 
 
太朗も似たような生活です。

学校から戻るのは16時30分~17時。

帰宅したらざっとご飯を食べ、塾に行き1時間程度で宿題を済ませます。

塾から帰ったら18時30分頃なので、再度ご飯を食べつつちょっと休憩。

ちょこっとテレビを見るか、読書するなどして、20時30分頃に寝ます。

朝起きたら着替えてご飯を食べて学校の準備をして7時20分頃に出発です。

************************

そういえば・・・

帰国して日本の学校へ通い始めて以来、朝、なかなか起きないんです。

起きてからも動きがとにかくノロい。

ご飯早く食べて~、とか、時間だから早く靴履いて~、とか、なんだか私、「早く」「早く」ばっかり言ってます。

寝るときも、なかなか寝ない!

「早く寝ないと明日がしんどいよ」が寝る前の私の口癖のようになってしまいました。
 
 
なんだろうか、この

常に時間に追われている感

 
 
放課後の公園遊びが無いから身体を動かすことが減っていて、全体的にむしろ疲れているんでしょうか。
 
 
太朗との会話も、

「テストはどうだった?」

のようなテスト話題が増えました。(6年生、毎日テストばっかり!!)
 
 
2人の毎日の荷物の量と重さ・・・あれは筋トレですか???
 
 
「月曜日・・・1週間頑張ろ。」というちょっとマイナスな気持ち。

「水曜かぁ・・・折り返し。」という頭の中真っ白!っていう気持ち。

「やっと金曜日だぁ・・・」というあのなんとも言えない、這いながらやっとゴールにたどり着いたような気持ち。

日曜の夕方、サザエさんを見ながら

「あぁ、明日は月曜なんだなぁ・・・」・・・遠い目。
 
 
************************

日本での生活が落ち着いてきて、なんだか今の生活が当たり前になってきていたので

こうやって改めて書くまで、この絶対的な違いについてうっかり抜け落ちてしまっていました。
 
 
そうだったそうだった。

ニュージーランドでの生活はめっちゃゆとりがあった!!

月曜だとか水曜だとか金曜だとか、ここまで意識してなかった気がする。
 
 
 
あ・・・なんだか急激に戻りたくなってきた・・・
 
 
 
まぁ、でも、帰国して以来、確かに子どもの学力はついていると思います。

ただ、走り回っている子どもの姿を見ることがめっきり少なくなりました。

いやでも、再度強調しますが、、、学力はついていると思います。
 
 
平日の生活、全然違うんだよなぁ。
 
 
休日については、日本はイベントやレジャーが多いので「楽しむ」過ごし方は多種多様!

ニュージーランドでは、どちらかというと、休日も特別なことは特になく、のんびり過ごしていました。
 
 
子ども時代に何を優先するか、なんだろうなぁと思います。
 
 

関連記事

是非こちらもクリックして応援お願いします。
ブログ書き続けようという励みになります!